読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソどうでもいいことを真面目に書きます

誰も気にしないようなことを一生懸命考えます

僕に似合うトイレは無い

恥ずかしい話なのかどうかは分からないが、どうも温水洗浄便座(TOTOのウォッシュレット、INAXのシャワートイレなど)との相性が悪い。コトを済ませたあと、立ち上がる前に「おしり」のボタンを押すものの、なかなかうまい具合にフィットすることがない。仕…

【イベント】16人のプリンシパル 乃木坂46

赤坂ACTシアターで公開中の、乃木坂46主演「16人のプリンシパル」5月4日第二部公演に行ってきた。公演の詳細は公式ホームページを参照していただきたい。 今回参加した公演では、斎藤ちはるらが選抜メンバーを破り第二幕に残るなど、やはり波乱に満ちた…

【書評】伝え方が9割

伝え方が9割作者: 佐々木圭一出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/03/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 22回この商品を含むブログ (7件) を見る 伝え方が9割作者: 佐々木圭一出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/0…

【書評】統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である作者: 西内啓出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2013/01/25メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 11人 クリック: 209回この商品を含むブログ (29件) を見る 統計学が最強の学問である 西内啓 ダイヤモンド社 最近「ビッグデ…

効率的市場仮説をもっと拡張しよう

僕が大学の卒論でテーマにした行動ファイナンスの分野において、「効率的市場仮説」というキーワードがあります。これは、証券市場で成立する価格というのは常に「正しい」のであって、不当に安いとか高い価格で取引が行われることはないという理論です。そ…

「利益確定」できないアイドルオタクたち

株式投資においては、様々な局面において重要な意思決定が求められます。その一つとして、「いつ売るか」つまり「いつ利益確定するのか」が挙げられます。「どの銘柄を買うか」「どのタイミングで買うか」ももちろん重要ですが、それと同等以上に、いつその…

AKB48選抜総選挙の得票数の推移

AKB総選挙の分析をしたい方がいらっしゃるかもしれないと思いましたので、僕が使っているエクセルのデータを公開します。見づらくてごめんなさい。 左から、第1回~第4回となります。 エクセルファイルはそのままアップロードできないみたいなので、デ…

一般アイドル効用関数と特殊アイドル効用関数

アイドルを応援することと株式投資が本質的に同じであることは、関連記事で述べたとおりです。 もちろん、株式投資から得られるような金銭的なリターンはアイドルからは得られませんが、その代わりに非金銭的な「幸せ度」によるリターンがあると考えています…

僕が英語を勉強しない理由

「これからの時代は英語」「英語さえできれば何とかなる」などと、猫も杓子も英語学習に追われている現在の日本ですが、本当に私たちは英語を勉強する必要があるのでしょうか。 数学や理科や社会といった科目は、「卒業したら意味のないもの」として扱われる…

「選抜総選挙」は先行指数なのか

日経平均株価やTOPIXのような株価指数は、先行指数と呼ばれ、景気変動よりも先に動くとされています。 他には、企業の先行き見通しの明るさを示す新規求人数や、どれほど積極的に設備投資が行われているかを示す新設住宅着工床面積などがあります。 と…

指原はなぜ”助かった”のか~深まるメンバー間の相互依存~

AKB48の指原さんが、AKB「加入後」に男性との交際をしていたことが週刊誌によって暴露され、博多を拠点とするHKT48への移籍を命じられたことが話題となっています。 かつて、「加入前」のプリクラ1枚流出しただけで一発KOとなったメンバーが…

AKB48選抜総選挙の総投票数と、AKB48単独のシェアの推移

前回の記事、「AKB48総選挙の結果から、メンバー間の競争の厳しさを計算してみた」の続きみたいなものですが、今回はマーケット全体の成長率を中心に、メンバー間よりもグループ間の競争に目を向けたいと思います。 ご覧の通り、総投票数は毎年拡大している…

「すごい人」って本当にすごいの?

最近、やたらと「すごい人」ないし「すごい学生」が増えているように感じます。 彼らは、海外経験も豊富だったり起業の経験があったりするなど、その半生を他人に話せば誰もが「すごい」と感じることでしょう。 しかし、そのような誰もが「すごい」と感じる…

AKB48総選挙の結果から、メンバー間の競争の厳しさを計算してみた

今週、AKB48グループの選抜メンバーを決めるための総選挙が行われ、日本中を大いに盛り上げました。 結果としては、大島優子さんが第一位となりセンターの座を獲得したわけですが、彼女が勝ち抜いた今回の競争は一体どれくらい厳しいものだったのでしょうか…