読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソどうでもいいことを真面目に書きます

誰も気にしないようなことを一生懸命考えます

効率的市場仮説をもっと拡張しよう

人類を幸せにするための提案

 僕が大学の卒論でテーマにした行動ファイナンスの分野において、「効率的市場仮説」というキーワードがあります。これは、証券市場で成立する価格というのは常に「正しい」のであって、不当に安いとか高い価格で取引が行われることはないという理論です。その根拠として、証券市場では無数の投資家が自分の利益を最大化しようと本気で収益機会を探し続けているため、「利用できる収益機会」(裁定機会と呼びます)は発見され次第瞬時に利用されて消滅してしまうということがあります。すなわち、とある銘柄が「不当に高い」もしくは「不当に安い」状態にあったとしても、高いものは売られ、安いものは買われることで裁定機会は利用され消滅し、価格は「正しい」状態に戻されることになるということです。また、このように「正しくない」状態は即座に解消されるような市場を「効率的」と表現します。
 
 この仮説をもっと広い範囲に応用すると、証券市場だけではなく、クソどうでもいいようなことから重要な事柄まであらゆる分野を扱えるのではないかと考えています。以下に、いくつかの分野を例示してみます。

○恋愛市場
 恋愛というものは男と女がそれぞれお互いのニーズを満たしたときのみに成立する「取引」もしくは「契約」であることから、需要と供給に基づく「恋愛市場」を想定することができます。効率的な恋愛市場では、無数の男女が自身の幸福度を最大化しようと本気でパートナーを探し続けています。つまり、異性によってつけられる恋愛市場における評価は、その人を構成する要素をすべて織り込んだ完全に正当なものであると言えます。

 すなわち、現在パートナーがいない人は、これからも見つからないであろう、異性にとっては「クソどうでもいい人」と考えるべきなのかもしれません。

○労働市場
 労働というものは労働者側と使用者側がそれぞれお互いのニーズを満たしたときのみに成立する「取引」もしくは「契約」であることから、需要と供給に基づく「労働市場」を想定することができます。効率的な労働市場では、無数の労働者が自分にとって最もふさわしい職場を本気で探し続け、同時に無数の使用者が自社にとって最もふさわしい人材を本気で探し続けています。つまり、使用者が労働者に付ける評価、労働者が使用者に付ける評価は、それぞれを構成する要素をすべて織り込んだ完全に正当なものであると言えます。
 
 すなわち、現在働き口が見つからない労働者はこれからもずっと見つからない「クソどうでもいい人材」であり、人手不足に悩む会社はこれからもずっと悩み続ける「クソどうでもいい会社」と考えるべきなのかもしれません。

○社会問題や国際問題
 社会問題や国際問題というものは、民主主義国においては国民の代表たる政治家たちが国民のニーズを受けて解決に向けて取り組むものであり、国民と政治家の間には「契約」が存在していることから、需要と供給に基づく「社会市場」を想定することができます。効率的な社会においては、有権者の多くが本気で望んだことであれば即座に政治が動きます。つまり、国民の社会問題への意識は、その問題の重要度などをすべて織り込んだ完全に正当なものであると言え、「解決されるべき問題」は発生し次第即座に解消されることになります。

 すなわち、現在残されている「問題」は、解決されるべきだと本気で考えている人が少ない問題、つまり解決されようがされまいがどちらでもいいような「クソどうでもいい問題」と考えるべきなのかもしれません。

○アイドル市場
 アイドルというものはアイドルオタクたちが求めるような要素を兼ねそろえ、なおかつその状態を長きに渡って継続することを保障することで存在意義をもつことから、アイドルとアイドルオタクの間には一種の「契約」が存在すると考えることができるため、需要と供給に基づく「アイドル市場」を想定することができます。

 今こうしている間にも、日本中のアイドルオタクたちが将来のトップアイドルの古参となるべく、虎視眈々と金の卵を探し続けています。仮にアイドル市場が効率的であるとするならば、現在アイドルたちが付けられている評価はアイドルを構成するすべての要素をすべて織り込んだ完全に正当なものと言えます。

 すなわち、現在人気のないアイドルは将来の見込みのない「クソどうでもいいアイドル」と考えるべきなのかもしれません。


○まとめ
 効率的市場仮説では、市場価格を動かすことができるのは新しいニュースのみであるとしています。逆に言えば、良いニュースさえ出すことができれば、現在ついている価格が「不当に安い」価格となり、「正しい」価格に向かって上昇することができます。なので、現在は低い評価をされている人たちも、頑張ればいいことがあるかもしれませんよ!(クソどうでもいいアドバイス)